Galaxy Note10+

【Galaxy Note10+レビュー】長年iPhoneユーザーだった女が初めてアンドロイドを使ってみた感想まとめ

こんにちは、物欲大魔神の私です。

先日、ついに念願のGalaxy Note10+が届きました!

2018年秋、Galaxy Note9の発表時に、文字もイラストも自由に書ける”Sペン”の存在を知ってから、恋にこがれて丸1年。

やっと購入を決めた後も、アンドロイド端末の古いイメージが頭にこびりついて

iPhoneよりハチャメチャに使いにくくて、気に入らなかったらどうしよう

と、不安を抱えていました。

しかし、実際に届いたGalaxy Note10+は、iPhoneに引けをとらないスタイリッシュなフォルム。

動作はサクサク。
操作性は抜群
Sペンの書き心地は最高。

おまけに、インカメのデフォルト設定が美肌モードで自分の顔面がハチャメチャにきれいで!

触るたびに「すげえ…!すげぇ…!」と驚いています。

というわけで今回は、長年iPhoneユーザーだった女が、初めてのアンドロイド端末『Ggalaxy Note10+』を1週間使ってみた感想をまとめてみました。

海外版Galaxy Note10+の購入は『ETOREN』が便利!

今回私が購入したGalaxy Note10 Plusは、海外版のSIMフリー端末Samsung Galaxy Note 10 Plus Dual Sim N9750 256GB Aura Glow (12GB RAM) です。

香港&シンガポールを拠点にしたガジェット通販サイトEtoren.comにて注文しました。

単純に機種代だけで言えば、消費税はもちろん輸入関税、送料も込み込みで、国内キャリアより1万円ほど安く購入できます。

シンガポールからの発送通知を受けて、私が住む沖縄へ端末が到着したのは約1週間後です。

郵送中の荷物の場所は、追跡番号で確認できるので安心です。

Etoren.com

いざ、開封!Galaxy Note10+

こちらが実際に届いたGalaxy Note10+と、指紋防止にダイソーで購入した綿の手袋です。

SIMの入れ替えからケース装着まで、指紋を一つもつけずに完遂する…!と意気込んだものの、箱から取り出すのに苦労しました。

やっとこさ取り出した端末を、持っていたiPhone6sと並べてみるとこんな感じです。

でっ、でかい…!

試しに片手で持ってみます。

でっ、でかい…!(2回目)

こりゃあ慣れるまでちょっと時間がかかるぞ…!

端末のカラーは、国内だとauのみで販売されているオーラグロウです。

周りの景色を無駄に写し込む鮮やかな背面が素敵。(指紋はベッタベタ付きます。)

Galaxy Note10+の同梱物(付属品)

海外版(SIMフリー版)Galaxy Note10+に一緒に入っていた付属品はこちらです。

  1. 保護ケース
  2. 超急速充電器&充電ケーブル
  3. AKGのイヤホン(USB Type-C)
  4. OTG変換アダプタ
  5. イヤーチップ
  6. Sペンの替芯
  7. SIMカード取り出し用ピン

以前、彼氏が購入したHuaweiの時もそうでしたが、アンドロイドは、購入時の付属品として端末保護ケースがついてくるのめっちゃ親切。

さらに、USB端子と端末をダイレクトに繋ぐことができるOTG変換アダプタも同梱されているので、iPhoneからGalaxy Note10+へのデータ移行もラクラク


アンドロイドとiPhone、メーカー同士の確執は深いと思っていたので、ダイレクト接続できたときの感動たるや否や…!

ただ、LINEについてはデータ移行の手順を間違えると、トーク履歴が全部消えるので注意が必要です。

海外版SIMフリー端末で、au回線のSIMは使えるか?

今回購入したGalaxy Note10+には、もともとiPhone6sで使用していたbiglobeのSIMカード(au回線)を挿入してみました。

格安SIMのレビューサイトでは、グローバル版の端末とau回線のSIMカードは相性が悪いとの文言を見かけてちょっと不安でしたが、

挿入してからかれこれ1週間、今のところ問題なく使えています。

手厚い保証のつくキャリアも安心ですが、通信費を¥2,000-前後に抑えられる格安SIMの味を覚えるともうキャリアには戻せない…!(無職だから審査が通らないだけです。)

BIGLOBEで格安SIMプランを見る

長年iPhoneユーザーだった私がGalaxy Note10+を1週間使ってみた感想

ここからは、長年iPhoneユーザーだった私が、初のアンドロイド端末「Galaxy Note10+」を1週間使って感じた使用感レビューをまとめてみます。

※全て、長年使っていたiPhoneシリーズと比べての感想です。

これはすごいぞ!と思った点

端末のフォルムがふつくしいとか、顔認証が速いとか、写真や動画がすごくきれいとか。

数年ぶりに機種変更をした私は、とにかく感動することが多かったです。

その中でも個人的に「これはすげえ!」と思ったポイントをあげてみます。

文字やイラストはもちろん!写真撮影の遠隔操作も自由自在なSペン

やはり一番感動したのは、Bluetoothが内蔵されたSペンです。

ペンを取り出すとすぐにメモが起動して、文字やイラストを自由に書くことができます。

試しに絵を描いてみました。

画面上でペンを滑らす度に「シャッシャッ」と紙をこするような効果音が出るので、とても気持ちが良い。

iPhoneの場合、ブログ用の画像に手書き文字や図を挿入しようとすると、非正規品のタッチペンを使うしかなくて、しかもこれが結構使いにくくて…。

今回、Galaxynoteシリーズを思い切って購入したことで、ブログ用画像編集中のプチストレスが解消されました

さらにSペンは、遠隔シャッターとして使えるのも魅力的。

中心付近にあるボタンを押しながら、ペンを左右に振ると、撮影モードが切り替わるジェスチャー機能もついていて、ちょっとした魔法使い気分になれます。

Instagramにて、ほぼ毎日自分の筋トレ動画を投稿している私に、この遠隔操作機能はとてもありがたい。

これで筋力トレーニングも捗る!…はず。

毛穴が消失!インカメの美肌補正がやばい

次に驚いたのがインカメの美肌補正です。

こちらは、数日前に撮影した写真。

いつものおでこには、ファンデーションで隠しきれない毛穴と、産毛&アホ毛の主張がすごいのに…!。 

ほぼ同じ撮影条件のiPhone6sの画像と比較してみるとこんな感じ。

4年ぶりの機種変で、アウトカメラの画質のきれいさにも驚愕していたのに。

インカメの美肌補正は想像を超えてきました。

普段、自分の自撮りを見ると、現実のひどさに悲しくて凹んでいる事が多いのですが、Galaxy Note10+のインカメは、良くも悪くも理想を映し出してくれる…!

iPhoneより細かい設定ができる(カスタムが自由自在)

機能の設定面では、iPhoneより細かく設定できます。

例えば「顔認証」。

iPhone11Proの場合、現時点で顔認証のON/OFFしか利用できないのですが、Galaxyの場合、顔認証後に

ロック画面を維持する(自分でスワイプしてホーム画面へ)
自動でホーム画面へ

の2択から選ぶことができます。

他にも、

  • 顔認証・指紋認証・PIN・パターンと、画面ロックの種類を選べる
  • 画面を見ている間はディスプレイライトが継続して点灯するよう設定できる
  • 身につけている間や、自宅に居るときは端末のロックが解除される「スマートロック」設定ができる

と、細かいカスタムが可能です。

特にスマートロック機能は、彼氏とケータイを共有して使うことが多い私にとって結構便利でした。

ちょっと不便だなと思ったところ

もちろん、iPhoneに使い慣れていた私からすると不便な面も多々ありました。

サイズがでかすぎて片手で操作できない

まず第一に、端末がでかすぎること。

私の手のひらの全長は15cmほど。女性で言うとやや小さめな方だと思います。

そんな私が今回購入したNote10+を片手で持つと、こんな感じ。

手のひらいっぱいいっぱいで、持つ以外の片手操作は結構難しいです。

無理に文字を打とうとすると、親指の付け根が先にキーボードに当たるので、誤クリックが多発します。

仰向けに寝た状態で片手で操作しようものなら、滑り落ちた端末で顔面強打は必須です。

デニムのポケットに入り切らない(携帯性が悪い)

前述と同じ理由にはなるのですが、端末のサイズが大きいので携帯性が悪いです。

特に、女性服のポケットには確実に入らない。

私が普段履いているZOZOデニムのポケットにしっかり奥まで押し込んでも、3分の1くらいはみ出ます。

しかも、歩きはじめると、うごめく私のケツ肉が端末をポケットから押し出してしまって…

数歩歩くたびに、しっかりポケットに収まっているかを確認しなくてはいけなくなりました💦

ちょっとしたお出かけ時はカバンを持たない私からすると、正直めちゃくちゃ不便です。

これは、Galaxyのサイズの問題だけではなく、「ほとんどのレディース服は、ポケットが小さめにデザインされている」のも理由なので、

アパレル業界さん頼む、機能性に優れたおしゃれ服を作ってくれ…!

文字を打つキーボードが使いづらい

続いては、文字を打つキーボード問題。

デフォルトのSamsungキーボードは、種類切り替えボタン(🌏)がiPhoneと真逆の位置にあって、何度も間違って押してしまい、めちゃくちゃ使いづらかったです。

そこで、アンドロイドユーザーのフォロワーさんにオススメしてもらったGoogle日本語入力アプリをインストールしました。

キーボードまで自分好みに設定できるのすごい…!

Google日本語入力アプリの文字の配置は、iPhoneのキーボードとほぼ同じです。

ただ、今やおなじみ「#」(ハッシュタグ)が、数字のキーボードにしか無かったり、全角の「|」(パーティカルバー)の入力キーが無かったり、入力画面によってスペースキーの位置がコロコロ変わったりと、やはりちょっとした違いもあって…💦

慣れるのに結構時間がかかってしまいそうです。

アンドロイドではAirDrop機能が使えない

これはアンドロイド全般に共通することなのですが、iPhoneには標準装備されているAirDrop機能が無いのはちょっと不便です。

というのも自宅で使用しているPCや彼氏のスマホがApple製品なので…。

これまでAirDropで済んでいたやりとりが、LINEやGoogleフォトになってしまい、いちいち手間かかる。

一応、アンドロイドにも”Android Beam(アンドロイドビーム)”というアプリがあるようですが、これはAndroid同士で端末を直接タッチしなければならないらしい。

iPhoneとAndroidはできない…。

違うメーカー同士でできるカンタンなデータ送受信方法があったら誰か教えて欲しい。

撮影した写真がやや赤い

最後は、個人的に気になる撮影した写真の赤みです。

iPhone6sのほぼ同じ条件、同じメイクで撮影した画像を見るとわかると思うのですが、Note10+で撮影した写真は色味がやや赤くなります。

個人的には青みの強い写真の方が好きなので、写真に関してはここだけマイナスです。(同じアイメイクなのにアイシャドウの色味が全く違う…!( ;∀;)

設定や加工である程度赤みを引くことができるので、デメリットと捉えるには早計かもしれないのですが、気持ち惜しい感じ。

Galaxy Note10+をもっと使いやすく!アクセサリー紹介

不便な点のうち、下記2つに共通する”携帯性の悪さ”は、スマートフォンのアクセサリーで改善できます

携帯性が悪い
片手で持ちにくい

というわけでここからは、私が購入したGalaxy note 10+のアクセサリー紹介!

ギャンギャンのスマホケース

まず私が注文したのは、こちらのスマホケースです。

スマートフォンを首からぶら下げるネックストラップと、片手でも端末を支えやすくする背面グリップがついています。

見た目もギャンギャンで良き✨

が、注文してから1週間経っているのに発送通知すら来てない。

まいった。

ちなみに、iPhone6sの落下防止にはコチラのドアノック型スマホリングを使っていました。

スマホリングは、つけるだけで端末を落とす確率がぐんと下がるのでオススメです。

https://saiyase.com/entry/2018/11/05/005005

画面保護フィルム

続いては、スマートフォン購入時に絶対買っておきたい液晶画面保護フィルムです。

下記のサイトを参考に、Sペンの書き心地が良いものを選びました。

一応、購入時にデフォルトのフィルムがついてるのですが、念のため。

これもまだ届いてないんですけど…!

まとめ

初めてスマートフォンを手にしてから、かれこれ9年近くなります。

その間、ずーーーーーーーっとiPhoneを使っていました。

アンドロイドに手を出さなかった理由は、”動作が異様に遅い”という初期のイメージがあったから。

約2年前に彼氏が購入したHuaweiですら、カメラの起動に くそほど時間がかかっていて、使うたびにストレスを感じるのは嫌だなと思っていたからです。

しかし、今回のGalaxynote10+を手にしたことで、アンドロイド端末への悪いイメージが完全に払拭されました。

心配していた動作はサクサクだし、写真もきれい。

そして何より、遠隔&ジェスチャー操作のできるSペンのおかげで、ブログ用の画像編集がものすっごく捗ります

再びiPhoneに機種していたら、きっとこの感動には出会えなかった!

もちろん、iPhone慣れしているせいで使いにくい部分も多々ありますが、今の所大満足です。

あとは、バッテリーから火が出ないことを祈って。

私の初めてのアンドロイドを愛していこう。

おわり

Etoren.com